〜 What's PT per ring 〜

2016年2月12日、ハービスPLAZA 2Fにて産声を上げた”PT per ring”。
丁度、OPENから半年となる節目に謎のベール(宣伝していないだけですが・・)に包まれている ”世界初のPTオンリーショップ”その実力を暴いていこうかと、ついにこの重い腰を上げた次第です。

誕生秘話?というと少々大袈裟ではありますが、予てよりPT01の取り扱いを日本一にする!と本気半分冗談半分で謳っておりました私共ringですが、それを現実のものへと変えるチャンス?は突如訪れました・・・
2015年某日、ring向かいのテナントが空くという情報を嗅ぎ付けた弊社代表(敏腕)は、とあるプランを胸に懇意にして頂いているPT JAPANさんのもとへ・・・

その交渉とは、
弊社でPTのオンリーショップをやらせて頂けないか
というものでした。

そして、その問いに
Interessante!!(おもしろいですね!!)
と思いのほかあっさり承諾されたPT JAPANさんの代表。

そうと決まれば話は早い!?

とんとん拍子での話は進んでいき、ringをオープンして以来『PT取り扱い日本一!!』と散々言い続けてまいりましたが、 有言実行!?とまではおこがましくも、日本一への足がかりとしては非常に大きな一歩となる、世界初のPTオンリーショップがPT JAPANさんご協力のもと誕生した。という訳です。

店内イメージです。
弊社代表(敏腕)がこっそりいます。
PTから見たringです。お向かいです。

という、紆余曲折もなく、それほど大したヒミツが今のところ見つかりませんので、
今シーズン、世界のパンツトレンドは!?
PTではどんな提案をおこなっているのか!?

といった、皆様にとって興味のありそうな有益となる情報を紹介しようかと舵を切らせて頂きます(汗)。


そもそも、何故“PT”はパンツ専業ブランドとして世界的に支持されているか・・・。
それは“PT”の代名詞といっても過言ではないその美脚シルエットにあります。
研究に研究を重ね、幾度となく施行を経た現在のシルエットはヒップから太ももにかけての包み込むような抜群な履き心地。
膝から裾へと美しくシェイプされたシルエットは、膝から下を長く見せる事で足全体が長くなったかのような錯覚を抱きます。
究極のカッティングと繊細なステッチの強弱がPTを履いた時の美しさを最大限に引き出し、一度履いてしまうと病みつきになります。まさしく魔法にかかったような・・・

ヒップから太ももにかけてのラインが見もの。

細くとも窮屈感のない履き心地に美しいヒップラインは、そういう趣味はなくともうっとり見とれてしまいます。
そして、パンツ専業ブランドだからこそ可能とするバリエーションの豊富さは、本当に圧巻なんです!!

バリエーション豊富な展示会風景。
まだあるバリエーション。

かなりの”PT猛者”である方はご存知かと思いますが、
PTの中にも様々なレーベルのようなカテゴリーが存在します。
大きく分けますと4つ。

カテゴリー1『PT01』

PT01。

定番のビジネス系から、トレンド感のあるプリーツやリブパンツ・ジャージー素材といったリラックス系まで網羅する PTの中で最もプレーンでベーシックなレーベル。

カテゴリー2『PT01 GHOST PROJECT』

PT01 GHOST PROJECT。

既存のPTの世界観にとらわれず、現在トレンドのパンツをPTが作ったらどんなパンツになるか?という遊び心から始まったプロジェクト。
モダンでキャッチーなデザインが多く、最旬を感じられるデザインが特徴です。

カテゴリー3『PT01 FORWARD』

PT01 FORWARD。

PTが提案する大人の休日着をテーマに15-16FWよりスタートしたニューレーベル。
カーゴパンツやチノパン等の所謂アメっぽいテイストを取り入れながら、製品染めや製品洗いを駆使したカジュアルテイストを取り入れています。

カテゴリー4『PT05』

PT05。

PT01がスラントポケットのスラッス型に対して、デニムを中心とした5ポケットのカジュアルライン。
”05”のネーミングも5ポケットに由来しています。
16-17FWより ”BRITPOP” ”ROCK” ”SWING” ”BEAT” ”SOUL” ”JAZZ” ”BLUES” ”FUNK”の 8つのジャンルの音楽から名を冠したモデルが誕生しました。

こちらの4本の矢がPTの人気の支える鉄壁の布陣。
更にその中に様々な生地や色、シルエットが存在し、その可能性はまるで宇宙と言っても決して大袈裟ではなく各社、その中からピックしオーダーを行っていますので「これ、あの店やこの店でも見たな・・」なんて事は、ない訳ではございませんが極めて稀なんです!
洋服好きの方でしたら誰もが避けたいと思う、人との被りは心配無用
しかし、そのバリエーションの中からオーダーを行うバイヤー陣は非常に苦労するという、贅沢な悩みが付き纏います(笑)

まさに宇宙なバリエーション。

そして、”PT01”ではシーズンテーマが設定されています。
16-17FWは『WINTER SNOW』

ミラノのPTショールーム。

シーズンテーマを象徴する「NORTHERN LIGHTS」は、鮮やかに輝くオーロラからインスピレーションを受け、モデル名がつけられています。
オーロラが夜空に放つ美しい光は今シーズンのきれいなカラーや美しいファブリックを表現し、ディテールにはマーベルト部分に雪の結晶が刺繍された生地を使用しており、ウール素材やコットンストレッチ素材など、素材とディテール、フィッティングのバリエーションを豊富に展開しています。

恐らく日本一!の取り揃え。

この16-17FWシーズンでは、恐らく日本一(未公認)のバリエーションをPT per ringでは揃えておりますのでPTの世界観を堪能して頂けること間違いありません!!(願望)

弊社代表の拘り。何となくお店が格好良く見えるMac。

まだまだ語り尽くせぬ深遠なる”PTの世界”。
もっともっとPTの魅力を皆様にお伝えできるよう、私の腰をPTの履き心地のように軽くしていきたいと思います!!(切望)



特集一覧

FEATURE

    INFO

    UP AND COMING BRAND TO WATCH

    ITEM